FC2ブログ
捨丸の個人的なブログ

HOZAN 電工ナイフ Z-682

私は以前 電気工事士の試験を受けた際、技能試験で必要になる電工ナイフと呼ばれるナイフを購入したことを御報告しました。

~捨丸流~ 日立武蔵 電工ナイフ

今回、また別のメーカーの電工ナイフを購入したのでそれを御紹介したいと思います。 既に生産完了してしまったモデルですが、気合を入れて商品の写真を撮影しておきながらブログにアップするのを忘れていた(汗) のと、 ネット上ではまだこの商品を取り扱っている店舗さんもあるということで。

HOZAN 電工ナイフ P-682


届いた商品はこちら。

HOZAN 電工ナイフ Z-682 HOZAN 電工ナイフ Z-682

HOZAN 電工ナイフ Z-682 HOZAN 電工ナイフ Z-682

HOZAN 電工ナイフ Z-682

木製のグリップ。

HOZAN 電工ナイフ Z-682

HOZAN 電工ナイフ Z-682>

Uの字型のリングが特徴的です。

HOZAN 電工ナイフ Z-682

刃を開いてみます。

HOZAN 電工ナイフ Z-682

すがすがしいほど銀一色のブレード。

HOZAN 電工ナイフ Z-682

右側面には〝特殊鋼〟

HOZAN 電工ナイフ Z-682

左側面には〝HOZAN〟の刻印があります。

日立武蔵 と HOZAN の比較


HOZAN 電工ナイフ Z-682

上が日立武蔵。

下がHOZANです。

HOZAN 電工ナイフ Z-682

HOZANの刃はシルバー一色ですが、日立武蔵の刃は黒い色が不規則に混じっています。

HOZAN 電工ナイフ Z-682

HOZAN 電工ナイフ Z-682

リングの比較。このあたりは好みが分かれそうです。

HOZAN 電工ナイフ Z-682

日立武蔵の刃には刻印なし。

HOZAN 電工ナイフ Z-682

HOZAN 電工ナイフ Z-682

刃の幅を測ると両方ともジャスト2cm。

電気工事で使うVVF線の被膜を剥くときは2cmが基本なので わざわざ定規を使わなくても済むよう刃の幅が2cmになっているわけですね。



仕事で電気工事をする人にとってはあまり使う機会がないとも言われている電工ナイフ。
被膜を取り除くことができる電気工事用のニッパーを主に使うというのがその理由のようですが ふだん電気工事をやる機会がない人間にとってはそんなニッパーこそ分不相応・・・宝の持ち腐れになっちゃいますね~。

ナイフなら鉛筆削ったり届いた荷物の梱包を開封するのに使えます。

各御家庭に1本、電工ナイフ。いかがでしょう。切れ味バツグンですよ。


今回御紹介したZ-682の後継モデル


ホーザン(HOZAN) 電工ナイフ Z-683


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

窓ガラスの結露防止に 断熱二重窓 「簡易内窓キット」 とやらを試してみた。

実家の窓の結露がひどいので、断熱シートという製品を試してみた様子を以前ご紹介しました。

~捨丸流~ 窓ガラスの結露防止に「断熱シート」とやらを試してみた。

P_20181103_145351svga.jpg

年数が経ち、断熱シートもくたびれた感が出てきたので 以前から試してみたかった断熱二重窓「簡易内窓キット」とやらを購入してみました。

簡易内窓とは


窓枠の上下左右に樹脂製のレールを貼り付け、断熱性のある樹脂製の板をガラスに見立ててはめ込み二重窓にしてしまおう、というシロモノです。

ポリカ板がセットになっている製品を購入


P_20181103_133847xga.jpg

店頭には、メーカーの違う似たような製品が2種類ほど並んでいて どちらを買うべきかしばらく悩んだのですが、 結局ポリカ板がセットになっている製品の方を購入することにしました。
ポリカ板別売りの製品の方が安くつくような気もしたのですが、 ポリカ板の単品販売は最大のサイズ(180×100cm)しか取り扱いがなく、 このサイズだとタントの荷室をフラットにしても積み込めないからです。 軽トラを借りて往復する手間を考えると、あらかじめ手頃な大きさにカットされている板がセットになっている製品を選ぶのが無難だと判断しました。

P_20181103_144920xga.jpg

細長い方の梱包をあけてみると、新しく買おうかどうか悩んでいたノコギリが、同包されていました。 両面テープも十分な長さがあり、なんだか得した気分。

上下のレール取り付け


P_20181103_150449svga.jpg

説明書の通りに採寸し、レールをカットします。

P_20181103_151205svga.jpg

付属の両面テープを貼り付け。

P_20181103_152514svga.jpg P_20181103_152803xga.jpg

窓枠の上下にレールを貼り付けます。ほこり等で汚れていると粘着力が弱まるので、貼る前の掃除は念入りに。

左右のレール取り付け


P_20181103_153010svga.jpg

同じように、側面専用のレールをカットし、両面テープで貼り付けます。

P_20181103_153152svga.jpg

P_20181103_154104svga.jpg P_20181103_154235svga.jpg

P_20181103_154316svga.jpg P_20181103_154446svga.jpg

P_20181103_154506xga.jpg

上下左右の4辺にレールを貼り付けた状態。
(粘着力に不安があったため、上のレールはインパクトドライバを使って2箇所ネジで固定)

枠材


ポリカ板の4辺に取り付ける枠材をカットしていきます。

P_20181103_162832svga.jpg P_20181103_162841svga.jpg

取説には、鉛筆を削るように枠材をカットし一部分だけ除去しろ、との記述があるのですが、そのやり方だとあまりにも手間がかかりすぎるため、 カッターで切れ込みを入れて割ることにしました。

P_20181103_162940svga.jpg

P_20181103_162932svga.jpg

強めに2~3回カッターの刃を入れて折り取る。ペンチで掴んでもぎ取ると楽かも知れません。

P_20181103_163017xga.jpg

ポリカ板に枠材を取り付ける


P_20181125_111003svga.jpg P_20181125_111200svga.jpg

DSCF2115svga.jpg

取説の指示通りに採寸し、ポリカ板をカットします。(2枚)

P_20181125_115121svga.jpg

カットしたポリカ板に、枠となる部材をはめ込んでいきます。

DSCF2116svga.jpg

枠材のすき間にポリカ板がなかなか入っていかないのですが、写真のように手で握り込むように押し込むとスムースに入りました。

DSCF2117svga.jpg

やっと1枚完成。同じものをもう一枚作ります。 地道な作業で、けっこう疲れます...。

続きを読む
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

sutemaru

  • Author:sutemaru

励みになります。1クリックお願いします  ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
カウンター
現在の閲覧者数:
無料のFC2サービス